棚も綺麗にしたいな。今は過密だから。

2003歳1月に、飼っていたペットが消え去り、葬儀を上げたときの領収証がでてきた。
これは捨てられないし、捨ててはいけないとおもう。
でも、あそこの棚は綺麗にしたいな。当てはまる箇所だし。
風水に因ると、繁栄を司っていらっしゃるポイントらしきし。
ガラクタがつめ込まれてあるところには、よくない気が蔓延するらしき。
僕は向上のショッピングする風水は信じていないけれど、
欠損のかなぐり捨てる風水は信じてる。
雑貨を捨ててホールを綺麗にするため、健康も綺麗になる、ハズ。
でも、ウェイトは2.6キロ増えた。3日間で。厳しい。
お通じもあったのに、2.6キロも増えた。困ったなあ。
棚を綺麗にして、記録の整理を決める。
これは、交わるときにこなせるハズ。
シュレッダーもあるのだし、綺麗に望めるハズ。
過去の、サラリー明細も壮健診査も捨てよう。
サラリー明細なんて取っておいてもしかたない。
税務申告するにも関係ないし。昔の記録なんて捨てよう。
サラリー明細なんて、1回も使ったことはない。
過去の年収がみたければ、ねんきんネットで見ればいい。ミュゼ vio 値段

相模湾に行ってヒラメをとったりしていました

18時くらいから放送されていた、バラエティー番組を見ました。笑点が終わったらこの番組を見ました。これはバラエティー番組で、ある場所に行っていろんなことをやる番組です。今回は、相模湾の海の幸で定食を作っていました。最初に、ベテランの漁師と地引き網をやっていました。そして、さらに小さな船に乗って刺し網漁に挑戦していました。ときどきヨロイザメというサメの種類もとれていました。ヒラメしかとれなかったみたいですが、相模湾でとれたヒラメで料理を作っていました。一流料理人にさばき方を教えてもらっていました。最初にウロコをとっていましたが、結構難しそうでした。最初は難しそうでしたが、だんだん上手くなっていました。そして次に、ヒラメを5枚におろしていました。次は、刺身にしていました。やったことがないので、私もやってみたいなと思いました。他にもやっていました。料理人のおすすめの食べ方を教えてもらっていました。ネットでお金を借りる

プランターで水やり役目。キッズも一緒に展開

現在、プランターを始めてみました。ともかく、きゅうりとトマトとブロッコリーを植えてみました。幼児も一緒になって毎朝の水やりを楽しみにしてある。いっそう伸びて行くきゅうりのつるに身長が追い抜かれただけでも大潤い。そして水やりというセレクトイメージと、負けないようにごはんも食べると一石二鳥の四六時中だ。今朝になって、心持ち、小さかったきゅうりが小指の長さぐらいにのびていました。これにも大騒ぎでした。そして「奥様、葉っぱがベロだして、ぺろぺろしてる」と指す。断じて水を飲んでいる予測なんだと思いますが、幼児って興味深い考えですなぁとちょい笑ってしまいました。育つのが待ち遠しいようで、退屈さえあれば見に行ってある。前日はお絵かきにも、きゅうりやトマトを描いていました。わたしより総計ダブル楽しみにしてくれていて、つい嬉しいです。かしこく甲斐できるか分かりませんが、現在風が強いお日様も多いので心配です。幼児のためにも、多少なりともいいので甲斐できることを待ち望む四六時中だ。キレイモ 支払い方法

カキについてやソフトクリームについてやった

19時間先ほどくらいから番組されていた、様々プランを見ました。最初は、カキについてやっていました。貝類の取り分けカキにだけ食あたりが多いのはなぜなのかについてやっていました。最初は、街角の輩に聞いたりしていました。しかし、勘違いしている輩が多かったです。カキは、養分と毒物を一緒に複数吸い込んでいるみたいです。カキには衝撃的な能力があるみたいです。水槽に入れていると、きれいになっていくみたいです。取りこみ役目は、アサリの10ダブルみたいです。黴菌やウイルスは排泄されない結果、カキは、食あたりが多いみたいです。知らなかったので知れて良かったです。次は、ソフトクリームの唐黍についてやっていました。トウモロコシの唐黍ではないのですが、ソフトクリームの唐黍は何なのかについてやっていました。そして、ワークショップに行って聞いていました。英文で唐黍は円すいという要因だそうです。次は、超巨大な航空ってどうして洗っているかについてやっていました。キレイモ 無料カウンセリング

大気中の水分や露点などについて勉強してた

勉強しました。飽和水蒸気圧は、温度が低くなるにつれて減少します。したがって、大気が冷えて大気に含まれている水蒸気の圧力が飽和水蒸気圧をこえると、余分の水蒸気は凝結して水滴となります。このときの温度を露点といいます。飽和水蒸気圧をこえても水蒸気が凝結しない状態を過飽和といいます。大気中の水滴や氷晶は雲をつくる粒子であり、雲粒とよばれます。雲粒の大きさは1〜100μmくらいです。地表付近で雲粒ができると霧になります。雲粒が成長して直径1mm前後の雨粒になると雨となって地表に降ります。山の斜面を風が吹き上がるときや、周囲の大気より高温になって軽くなった空気が上昇していくとき、上昇するにしたがって周囲の気圧が減少するので、上昇する空気塊は膨張します。このとき、空気塊が周囲との熱のやりとりなしに(断熱的に)膨張し、周囲に対して仕事をすることになるので、空気塊のもつエネルギーが消費されて空気塊が下がります。とても勉強になりました。ミュゼ 予約