暑い夏季のお日様の思い出、電車の内輪を飛び回って掛かる蚊

ゼロ匹の蚊が飛び回っています。ここはJRの内輪。大都市ではこんなところにも蚊がいらっしゃるね。どこへ飛んで行くのかなと、安否をまぶたで追っていたのですが、困ったところに留まってしまいました。前のダグアウトシートに座っている母親の大腿だ。「蚊がとまっていますよ」と言ってあげたい衝動に駆られましたが、エリアがエリアだけにツッコミしづらいのです。一気に飛んでいって仕舞うかなと思ったのですが、蚊はそこで愛するみたいで一心にしています。女の人は読んでいる教科書に夢中になっていて、徹頭徹尾気が付いていません。いきなりパンと叩いたら、痴漢免罪に患うのでしょうね。その女の人はトーンタイツと言うかストッキングと言うか、相当厚手のしっかりした故郷のレッグウェアをはいていました。意外と、肌ではないから、血液は吸われないかなと思ったのですが、仮説は呆気なく外れましたね。女の人はレッグウェアの上からポリポリとかき始めたのです。それで蚊は飛んでいってしまったのですが、一部始終を見ていながら、何もできなかった自分の無力さを恥じましたね。http://xn--eckr1ktbwbo7c1694emx6d.xyz/kireimo-kouka.html