貯めどきはいつ?習い事って案外と出費がかかる

子育て世帯、幼児の時よりも大きくなってからの方が教育費はかかるようです。
そのため、しっかり貯めておくのは幼稚園から小学校の時期。
習い事の金額も人によってさまざまですが、塾に通うようになるとかなり高額になるデータが出ています。
高校入試だと月に4〜5万も、大学入試だと年間100万円かかったりもするといいます。
ピアノも個人レッスンだと月に万単位でお金が飛んでいき、発表会はチケットを売ることになったり……。

そのため、お金を貯めるなら小さいうち。
例えば、週に1度の図書館で本代はかけずに借りてくる。
週末で予定がない日は公園へ。大型公園に行けば、遊具もアスレチックだったり、夏にはじゃぶじゃぶ池があったりしてかなり充実しています。
中学生や高校生だと貯金が全くできなくて、住宅ローンも重なって大変という声を聞くので、貯めどき、ローンの返済どきは早いうちに。
子供が多いと多いだけ出費も重なります。そしてローンが返済できなくてお家を売る羽目になったりする危険性もともないます。

習い事、全くやらせないのも問題ですが、やらせるにしてもお金がかかる。
計画的に出費することが必要です。脱毛ラボ 料金