暑い夏季のお日様の思い出、電車の内輪を飛び回って掛かる蚊

ゼロ匹の蚊が飛び回っています。ここはJRの内輪。大都市ではこんなところにも蚊がいらっしゃるね。どこへ飛んで行くのかなと、安否をまぶたで追っていたのですが、困ったところに留まってしまいました。前のダグアウトシートに座っている母親の大腿だ。「蚊がとまっていますよ」と言ってあげたい衝動に駆られましたが、エリアがエリアだけにツッコミしづらいのです。一気に飛んでいって仕舞うかなと思ったのですが、蚊はそこで愛するみたいで一心にしています。女の人は読んでいる教科書に夢中になっていて、徹頭徹尾気が付いていません。いきなりパンと叩いたら、痴漢免罪に患うのでしょうね。その女の人はトーンタイツと言うかストッキングと言うか、相当厚手のしっかりした故郷のレッグウェアをはいていました。意外と、肌ではないから、血液は吸われないかなと思ったのですが、仮説は呆気なく外れましたね。女の人はレッグウェアの上からポリポリとかき始めたのです。それで蚊は飛んでいってしまったのですが、一部始終を見ていながら、何もできなかった自分の無力さを恥じましたね。http://xn--eckr1ktbwbo7c1694emx6d.xyz/kireimo-kouka.html

絶えず行っていたパチンコ屋くんが退却してしまいました。

私の好みはパチンコだ。とうに50世代の人付き合いだ。
負けるとわかっていても辞められませんですね。
これはわたしが飲めないことも関係しているのでしょう。
私の通っていたパチンコ屋様は頂点のところは、鴨居本店の以外に弘明寺にも出店していました。
そのところはそこそこユーザーが入っていましたね。

わたしがこういうパチンコ屋様を気に入っていたのは、それ程混んでいなかったことです。
クライアントもほどほどですので、好きな部門を選べました。
また気に入っていたのは、カップコーヒーのオートマティック小売り好機があったのです。
こういうオートマティック小売り好機の含有はまあまあのテーストでした。
含有ものは150円くらいでしたね。
そのアロマもテーストも本物のみたいでした。

それを持って好きな客席で打っているのが、リフレッシュにつながりましたね。
3回やると1回くらいは勝ちましたね。
しかし通年を通せばほとんど負債でしょう。
そのくらいはほんとに現金の地域でした。

後々勇退になり年金ライフスタイル輩になりました。
もう1回で2万円〜3万円はつぎ込めません。
そのところには1円パチンコが登場しました。
そこで1円パチンコに鞍替えしました。
これだと数千円で遊べます。
こういう1円先端だけは混んでいましたね。
まるでお年配が多かったですね。
面白さは4円とおそらく変わりません。

しかし退場前はおそらく出さなくなりましたね。
そのためクライアントも減ってきました。
そこで1円先端を増やせと提唱しました。
そうすればクライアントも増えてきて、それにつられて4円もほどほどになるだろうと。
しかし提唱は取り上げてくれませんでした。

ある日行くとシャッターが閉まっていました。
これで退場ですね。私のタームつぶしの地がなくなってしまいました。
後のパチンコ屋様は私の考えに行っていません。
そのため最近はちっとも行かなくなってしまいました。
後にまたパチンコ屋様が欠けるかなと思っています。ミュゼ 300円 予約