本大会に48チームも詰め込んでも大会は盛り下がるとしか思えません

サッカーのW杯の出場国が2026年から48カ国になるという話ですがなぜそんなに増やしたいのか本当の理由を一番知りたいです。
各国メディアからも試合のレベルが落ちるので止めた方がいいという声が上がってるのですがその点に関して会長はどう思ってるのでしようか。
何と言っても本大会は選りすぐりの16カ国ぐらいでした方が緊張感があって真の世界のトップを決める大会にふさわしいものになると思いますが。
16カ国で開かれた最後の大会は78年のアルゼンチン大会ですが、あのなんとも言えない緊張感と期待感の入り混じったような感覚は何物にも代えがたいような気がします。
そして忘れてはならないのがW杯は本大会だけではないということです。
予選も含めてW杯なのですから本大会に出れなくてもそれは力不足だということで潔く諦めればいいだけだし予選で戦うこと自体W杯に参加できてるわけなのですから、うちは弱くて本大会に出れそうにないから出やすいように出場枠を広げろという理屈はかなり無理があると思います。
その前にユーロでの小国アイスランドの躍進でも参考にしながら自国をいかに強化するかをまず考えるのが先だろうと思います。ミュゼ 360円 ネット限定