自宅の近くの小高い丘にある猫カフェにて、大好きな小説を読むこと

自宅の近くに猫カフェがあることを知ってからは、小説を持ち込んで長居することが、私にとって最高の過ごし方です。
予定の何もない日にはだいたいそこへ行っては、猫に癒されています。

そこの猫カフェは、フード、ドリンク、サラダ、デザート共にどれも充実していて、一般的なカフェとしても魅力的です。
小高い丘の上の閑静な住宅街に立地してあるのもまた、ポイントかもしれません。
猫のほとんどが保護猫なので、人に恐怖感を持っていたらどうしようと思っていたのですが、皆んな膝の上に乗ってくるなどして人懐こい子ばかりです。

読む小説のジャンルとしては、東野圭吾さん、伊坂幸太郎さん、村上春樹さん、湊かなえさんなど有名作家の作品が多いです。
また、話題作品を中心に気になるものを片っ端から読むので、雑食系といえるかもしれません。
もともと本を読むことが好きだったのと、猫を飼いたいけれど家庭の事情で飼えないということがあったので、今の状況がとても幸せです。